2008 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 02

TOP > ARCHIVE - 2009/01

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

「大きい方の福は お客様へ」 
「凄く、ラーメンの美味しいお店見つけたの!
 確かラーメンとか好きよね?教えてあげる。新しく出来たらしいの。
 私、美味しすぎて三日連続いったの! あのダシ!!!」
・・・あるマダムは、目を輝かせて、いつもよりもやや早口で興奮気味に店を教えてくれた。

・・・・・・・・・・・・しかも店名は「ダイフク」と言うのだそうだ。

IMG_0619_1_1_1.jpg

・・・・・・・・・・・・教えてもらった場所には相変らず「小福」があった・・・・・・・・・・・・
・・・まあ世の中、こんなこと沢山あるだろう。
心をニュートラルにいれなおす。



大分前に来て久しかったが、びっくりしたのはサービスがよかった。
別に、店員の態度とかそんな事ではないんだけど、
私達より前にオーダーした客(大人)よりも こっちの子供たちのラーメンが速く届いた。
他店で「美味しいのは遅く来る」
歴戦の私は そんな大人な嘘を何度使ったことか・・・
何度、子供のラーメンが来るまで、自分に届いたラーメンの麺がのびるのを確認しながら箸も着けずに待った事か。。。
あっぱれ!「小福」。

画像は私がオーダーした ~小福/チャ-シュウ~

当たり前に考えて 子供というのは、食べるのが遅い。
当たり前に考えて 子供というのは、はやく食べたくて我慢がきかない。
我慢を教えるのは親の努めであるが、空腹の我が子を前に自分だけ食べるのは忍びない。

そこから導き出される結論は「子供は最優先」でしかない。

お客の回転回数すら改善するこの方法論をいつまでたっても理解できない、若しくは実践できない店があるとすれば、人情(裏の意味では金勘定)の道から外れて往く店である。

お客は結局、美味さ、価格、行列の先に自分たちの幸福をみつめている。
幸福がなければ、美味さ、価格、行列などは取るに足らない出来事の一つでしかない。


蛇足甚だしいが、風除室には、お客が書いたアンケートが張り出されている。
罵詈雑言さえ、飲み込んで客に誠実に対峙している姿は「サービス」そのものと想う。

タイトルは、お店の中で見かけた文字。





スポンサーサイト

THEME | GENRE ブログ |
あっぱれ | TB : 0 | CM : 2 - | Top▲

COMMENT LIST

【】 by 煽情力


当たり前に考えて 御大というのは、はやく食べたくて我慢がきかない。
我慢を教えるのはの努めであるが、空腹の御大を前に自分だけ食べるのは忍びない、などと言う気は毛頭無い。

ダイフク=小福
笑えました v-218

【】 by パイレン


煽情力さんへ
今日は、そっちも雪、凄いッスか?
なんか冬らしくなってきました







| HOME |


プロフィール

パイプレンチ

Author:パイプレンチ
FC2ブログへようこそ!

全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。