2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

TOP > ARCHIVE - 2008/06

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

世の中の 人は何とも云はばいへ わがなすことは われのみぞ知る 
先日、私なりに少し葛藤がありました。
我子ら(二人)の学校行事が重なり、どっちに行こうか?って感じで。。。
えぇ、かなり迷いました。
非常にきわどい選択を余儀無くされました。
さて私の下した判断は如何に。
ヒントは下文。


   ロバってところが、サイコウで、絶妙なセッティングです。
   象、サラブレッド、ラクダ、牛では成り立たない話です。     (パイレン)

 
 父と息子がロバをつれて峠をこえて買い物に行きます。ロバはその背に買った荷物を積んで帰宅する為に連れて行くという設定です。
 しかし、この親子、道すがら他人から何度も哂われます。。。

 はじめに親がロバに乗って哂われます。理由は子供を歩かせるのが可哀そうだという意見です。
 反省した親は子供をロバに乗せました。ところが、今度は年上の親を乗せてあげないと可哀そうという意見で哂われます。
 三度目は二人乗りしますが、ロバが可哀そうだと親子は哂われます。
 四度目は二人ともロバをおりて歩きます。そしてまた哂われます。ロバに乗れば楽なのに乗らないなんて間抜けな親子だという意見です。
 どうしようもなくなった親子はロバの前足、後足を縄でしばって木材に結びその木材を二人で担ぎます。生きたままのロバを汗をかきかき運搬します・・・
 荷物を運ばせる為に連れて行くロバを担ぐ。ロバと荷物どっちが重たいか。
 
 最後に道教の偉い人が解決策を授けてこの故事は完了します。

 この故事の言わんとするところは何でしょうか。
 はっきりいって僕にはなんだかよく解りません。
 でも、まあ、どう転んでも哂われるならば、私は自分の意思でという感じです。別に哂われても納得できるかなぁ と思います。
 「あ~ぁ!俺らしい!!」って。

スポンサーサイト

THEME | GENRE ブログ |
愛すべきもの | TB : 0 | CM : 2 - | Top▲

COMMENT LIST

【】 by みのあん@ケータイ


坂本竜馬のことばですね。
みのあんの大好きな幕末のヒーローだと思ってます。
今のでもくらしーの礎だと・・・・
ちなみにじゅうまんちょうどはみのあんが頂きました(^^)v

【】 by パイレン


みのあんさんへ
坂本竜馬大ファンです。
こないだ「おりょうさん」の写真をネット上で見かけました。きれいな人でした。







| HOME |


プロフィール

Author:パイプレンチ
FC2ブログへようこそ!

全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。